恥をかかないために!結婚式で守りたい各種のマナー

結婚式にふさわしい服装のマナー

結婚式に参加する際に気を付けなければならないのは、マナーを守らなければならない点です。結婚式で必要になるのが服装への配慮であり、新郎新婦だけでなく結婚式への参加者も適切な服装を守る必要があります。結婚式の主役は新郎新婦であるため、他の参加者が場内で目立つ服装を選ぶのは問題でしょう。そこで控えめな服装を心掛け、なおかつフォーマルな場所にふさわしいドレスやスーツを選ぶように心がけると、失敗の心配はいりません。

テーブルマナーを守る必要がある結婚式

結婚式では参加者に食事がふるまわれる場合が多いですね。中には本格的なコース料理が出される結婚式もあって、テーブルマナーを守る必要があります。本格的な洋式の食事経験があまりない人は、結婚式に参加する機会を活かして食事のテーブルマナーを身につけた方がいいでしょう。例えばフォークやスプーンの使い方は簡単には身に付かないため、普段の食事で意識して扱うようにすると結婚式に備えたテーブルマナーの練習ができますね。

言葉のマナーが結婚式での会話では重要

結婚式に参加すると、新郎新婦や他の大勢の人たちと会話をする機会が多いですね。フォーマルな場では言葉遣いのマナーが問われます。普段はあまり言葉のマナーに気遣っていない人も、結婚式の場では十分に注意しなければなりません。敬語や尊敬語などの扱い方は、おさらいした方が無難です。さらに結婚式では、縁起の悪い言葉は出来るだけ使用を控える意識が大切です。事前に縁起の悪い言葉を確認し、意識して使わないよう配慮を要します。

無料で見学ができる福岡の結婚式場は、大変人気です。ドレスの試着や試食サービスもあり、デート感覚で行けます。