結婚をしたい人がいます!婚約指輪をどうする!?

婚約指輪とはどのようなものでしょう

婚約指輪とは、結婚をしたいと思って付き合っている男性が女性にプロポーズの時に渡す指輪のことを言います。婚約した証となる物でもあります。婚約指輪を渡し、女性から承諾をもらってから結婚をする準備に入ります。この指輪は使用する指輪というよりかは記念を意味する指輪です。ダイヤモンドなどの宝石がついていたり、ゴージャスで華やかな指輪が選ばれることが多いです。婚約指輪の値段で女性への愛情が分かるとも言われてきましたが、今では結婚式やその後の生活のために簡素に行われることも多くなりました。

婚約指輪の準備をしましょう

婚約指輪は遅くとも両家の顔合わせや結納までに渡しておく必要があります。だいたい結婚式の10カ月ほど前から婚約指輪を探し始める人が多いといわれています。婚約指輪は男性が女性へサプライズとして渡す人も多いものです。そのような時には女性の好みや好きなデザインなどをしっかりと把握して置く必要があります。また、一緒に買いに行き、お互いが気に入った物を購入するという人もいます。そのような場合でも、改まってしっかりと渡すことが大切なこととなります。

指輪でなければいけない!?

「婚約指輪」をプロポーズの時に渡すということが一般的になっていると言われます。しかし、特に指輪にこだわる必要はありません。今ではペアのネックレスだったり、ピアスだったり、腕時計を贈ることもあります。「何を渡すのか」ということより「渡すことの意味」すなわち結婚への意思表示、相手への愛情、永遠の愛ということなどを表しているのだ、ということをしっかり覚えておかなければいけません。お互いの考えが一致すれば、どのようなものでも構わないのです。

婚約指輪の購入先を決めるには、各店舗の取り扱い商品の販売価格やデザイン、サイズの種類などを確認することが大事です。