このポイントは把握しておきたい!婚約指輪に関して

二人で行う婚約記念品交換のアプローチとは

婚約指輪などといった婚約記念品の交換方法については、ふたりのみで執り行うケースと、両親であったり仲人、そして、友人等に立ちあってもらい、執り行うケースとがあります。ふたりのみで婚約記念品を交換する場合については、後になって、両親であるとか家族に対して婚約しました、あるいは彼と婚約したなどと公表して、祝福を受けて、それに加えて、懇意にしている先輩もしくは知人にも、それを表して祝福を享受することになります。

婚約発表集会などを開催するケースについて

婚約発表のパーティーを開催するケースでは、席で一同に対して示して、祝福を享受するわけです。加えて、三者の前において、婚約記念品交換を実施するケースでは、発表パーティーで、参会者全員の祝福を浴びながら実行する方法、さらに仲人宅であるとか自宅、そして、ホテルといった一室において、両親もしくは仲人の立ちあいで、執り行う方法が存在します。後者のケースでは、全員で祝杯をあげ、ランチをいっしょにするのが一般的になります。

婚約指輪をプレゼントするときのマナー

婚約指輪をプレゼントするとき、贈り主が自分自身で婚約者の手を取る、それから左の薬指にはめるのがマナーとされています。これについては、周囲の人の前で行う際はもとより、二人のみで執り行うケースも同じことが言えるのです。結婚式当日、結婚指輪が贈与されることとなっているケースでは、式当日は、婚約指輪を右の薬指に移動させておいて、結婚指輪を左の薬指にはめ、式が過ぎた後、結婚指輪の上に、婚約指輪をダブルではめる因習となっています。

婚約指輪は、質の高さやデザイン性などにこだわることで、それぞれのカップルの希望通りのものを選ぶことができます。