どこで節約?結婚式場選びをする際の3つの節約術

見積もりをする際には最高レベルのものを

結婚式場の見学が終わるとほとんどの場合、空き状況の確認や見積もりを取る事となります。他社と比較しやすいように、その際には同日で同人数の見積もりを取るようにしておきましょう。また見積もりの際に式場から提示される額というのは、料理や演出などすべてにおいて最低ランクのものとなっています。そのため実際に成約した後に、値段が吊り上がるのがほとんどです。つまり始めに式場からの提示額を最高レベルのもので見積もりしてもらておけば、そこから節約をするのが可能かどうかというのが判断しやすくなるのです。

クレジットカードで支払いが可能かどうか

結婚式にかかる金額はとても大きいため、クレジットカードで支払う事によりそれについてくるポイントも大きくなってきます。近年ではクレジットカードで支払うカップルも増えてきているため、クレジットカード払いが可能な結婚式場も出てきています。ウェディング業界では現金で支払うのが主流でしたが、見積もりの際にクレジットカード払いを交渉してみる価値は存分にあります。100円で1ポイントの場合、結婚式にかかる費用が300万円だと3万円分のポイントが加算される事となりますので、お得です。

持ち込みしてもいいものを確認しておこう!

近年では結婚式の準備を始めていく際に、ドレスはここのお店がいいとかカメラマンはこの人にお願いしたいなどと、外注をを希望するカップルも増加傾向にあります。そういった場合、その都度プランナーさんに確認をするというのが一般的なやり方でした。しかしそういったやり方よりも、見積もりの時点で持ち込みが可能なものやそれにかかってくる費用の一覧表をもらっておくと、その都度確認しなくても準備を始める前にどこで節約出来るかを確認する事が出来るのです。

神戸の結婚式場は、チャペルウェディングができるところが多いですが、大きな神社で神前挙式をし、神社の会館で披露宴が行えるところもあります。