妊娠時の結婚式のプランを考えてみることは大事

4人に一人が妊娠という状態

結婚式を挙げたいが妊娠していると思ってあきらめる方が多いです。ですが今や結婚式を挙げるカップルの4人に1人が妊娠中と言われていて、妊娠してる方が挙式することをマタニティウエディングと言います。子育てが大変になる前挙式できるといったメリットはかなり大きく、育児は出産前では想像つかないほど大変です。出産後1年は鬼のような忙しさで、出産直後は3時間おき授乳が必要になったり、体力低下もあり、挙式は現実的ではありません。

臨月のときには挙式は無理

マタニティウエディングは8割の方が妊娠5~7位か月目にして、これは安定期のとき挙式をするとうこと。妊娠初期は悪阻が大変です。臨月のときの体の負担を考慮すれば挙式できませn。妊娠していても結婚式の準備期間は長くて3か月。短くて1か月ほど必要で、妊娠5カ月目に挙式するのは、つわりがひどいとき準備などいろいろなことをする必要があります。これは人により大変で、つわりの症状は個人差があって、人によっては寝込むようなケースもあります。

妊娠中の挙式について

妊娠中体型の変化は予測できない面が大きく、妊娠中の挙式は自分が思う理想の体型でドレスを着用できないかもしれないです。思った以上体力が低下し、楽しめないはずです。妊娠発覚した後すべきことはたくさんあり、病院に通うことはもちろん、両親への報告も必要。そこから式場を決めて日取りを決め準備に取り掛かります。基本的に式場に出向いて行うことが多いですが、妊婦の負担を考え、メールで打ち合わせが可能なこともあります。

少人数での結婚式をすれば、費用を安く抑えらることが可能です。また本当に親しい人だけを呼べるので、リラックスでき一人ひとりのゲストとしっかりコミュニケーションを取れます。