カジュアルなガーデンウエディングでプリンセスのような品格を!

ノーブルなドレスで品格を

カジュアル志向の強いガーデンウエディングですが、ドレスはやっぱりウエディングらしい豪華なものが着たいという人も多いでしょう。そんな時には、ギャザーやフリルで飾られたドレスよりも、プレーンなシルエットのデザインを選んでみましょう。ブーケで思い切りかわいらしさを発揮すれば優雅さも倍増しますよ。ノーブルなドレスだからこそ、花の甘さとのバランスがとれるでしょう。厚手シルクに繊細なリバーレースのオーバースカートを重ねた、清楚な中にも豪華さのあるドレスが似合いますよ。

小さく軽やかな鳥かごで

スカート部分のボリュームは控えめで、レースの部分だけトレーンをひくようなノーブルなドレスには、さわやかに風を通すようなブーケを持ってみましょう。ガーデン装飾用の鳥かごを使って、あえて中を花で埋め尽くさず底だけに若草色の花を絡め、オーガンジーのリボンを結んでみるといいですよ。幸せの青い鳥をイメージしてアレンジしベル形にしてドレスのシルエットと合わせます。ベンチやガゼボのある味わいのディテールでもしっくりとなじむでしょう。

陽ざしの中ではブライトな色もナチュラルに

ベルベッドのバッグに庭で摘み取ったような可憐な花をたっぷりと盛り込んでみてもいいでしょう。白いドレスに赤、紫、黄色と濃厚でビビットな色の組わせも暖かくなった陽ざしの下でならナチュラルに映えますよ。正統派のドレスで、しかも季節に合わせた花を盛り込むことでキャンディのような色遣いも子供っぽくならずにすむでしょう。しっかりと形を組んだバッグは後で小物入れとしても使えますよ。また、オネスティという珍しい品種のバラの花もドレスのオフホワイトにコクを添えてくれる上、甘いにおいがするので列席者にも楽しんでもらえるでしょう。

結婚式は愛する二人にとっての晴れ舞台です。そのため式場選びとなると慎重になって、なかなか見つからないこともあります。でも結婚式場を東京で探すときっとよいところが見つかるはずです。